武藤に続き…FC東京ケガ人続出、森重ら主力5人が別メニュー

[ 2015年4月21日 05:30 ]

 FC東京がケガ人続出の緊急事態に陥った。22日のナビスコ杯・鳥栖戦(味スタ)に向けて戦術練習を行ったが、18日のJ1広島戦で左膝を負傷したエースFW武藤を筆頭に主将のDF森重、DFカニーニ、MF米本、MF梶山の主力5人が別メニュー調整。フィッカデンティ監督は「リスクは負わない」と無理をさせない方針を示した。

 ふくらはぎ痛のカニーニ、広島戦で頭を打って途中交代したMF米本は欠場が決定的。その他の3人について指揮官は「あすの状況を見てみよう」と含みを持たせた。また武藤について「相手から激しいマークを受け、毎試合どこかしらに打撲を負ってしまう。ある程度は保護されるべきだ」とエースに対する激しい守備に警鐘を鳴らした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年4月21日のニュース