岡ちゃん 監督も、途中出場で試合盛り上げる

[ 2015年1月18日 05:30 ]

<阪神大震災チャリティーマッチ>後半、カズ(左)に抱きついて止める岡田監督

阪神淡路大震災20年チャリティーマッチ KOBE DREAMS 3―2J APAN STARS

(1月17日)
 「JAPAN STARS」の指揮を執った岡田武史監督(58=FC今治オーナー)は、途中でユニホームに着替えて選手として出場するなど試合を盛り上げた。

 「震災を知らない成人がいる時代となりました。我々はいろいろな手段で事実とそれに対する備えを伝えていかなければならない。そのひとつの手段として、今日のサッカーの試合が貢献できることをうれしく思います」とコメントを残した。

 ▼KOBE DREAMS・永島昭浩監督 岡田さんに言われて、プレーしました。あんなに長い時間やるとは。サポーターも喜んでくれたし、良かったです。(後半38分からピッチに登場し、監督としては勝利を収める)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年1月18日のニュース