ルーニーと不倫騒動の女性 九死に一生を得る 長靴で助かった

[ 2015年1月18日 18:16 ]

 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニー(29)との不倫騒動で世間を騒がせたヘレン・ウッドさんが、落雷を受けながら九死に一生を得ていたと18日付の英紙サンが報じた。

 ウッドさんはボルトン市内で愛犬を散歩中に落雷の被害に遭ったという。「友達と電話をしていたら雷が直撃した。頭部から目や口に電流が流れていくのを感じた。すぐに車に逃げ込んだが、非常に怖かった」と話した。

 診察した医師からは「ハンターブーツ(長靴)を履いてなかったら命を落としていた」と伝えられたという。ウッドさんは2010年、他の娼婦とルーニーの3人で行為に及んだと告白して英メディアを騒がせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年1月18日のニュース