W杯建設遅れの競技場、開催地除外も…FIFA「緊急事態」

[ 2014年1月22日 11:20 ]

建設が遅れているクリチバのアレーナ・ダ・バイシャーダ(14年1月21日撮影)

 国際サッカー連盟(FIFA)は21日、W杯ブラジル大会会場の一つで、建設が遅れているクリチバの競技場について、明確な工期のめどを2月18日までに示すよう求めた。

 FIFAのバルク事務局長は「ただ遅れているのではなく、非常に遅れている。緊急事態だ」と述べた。回答によっては同競技場を開催地から除外する可能性もあるという。

 同競技場ではB組オーストラリア対スペインなど、グループリーグの4試合が行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2014年1月22日のニュース