イタリア紙記者 日本を称賛も「DFに問題を抱えている」

[ 2013年6月21日 06:00 ]

<イタリア・日本>後半5分、オウンゴールに日本代表の(左から)長谷部、吉田、内田、川島はガックリ

コンフェデ杯1次リーグA組 イタリア4―3日本

(6月19日 レシフェ)
 イタリアと熱戦を繰り広げた日本代表の戦いに、イタリア人記者も驚きの声をあげた。

 コリエレ・デロ・スポルト紙、サントーニ記者 日本は素晴らしい試合をした。戦術的には完璧だったし、選手も非常によく動いていた。そして何人かの個が素晴らしかった。

 レプブリカ紙・クロー記者 日本は非常に良かった。9年前のアテネ(五輪)の時と比べれば、技術面の向上は本当に著しい。

 その一方で敗因を指摘する声も。

 ガゼッタ・デロ・スポルト紙ベルナッツァ記者 DFに問題を抱えている。90分間プレーが持続しないのも残念。集中が切れたり、リズムが落ちたりしなければ、勝っていたのは日本だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年6月21日のニュース