ベッカム、CLバルサ戦先発へ パリSG指揮官が明言

[ 2013年4月8日 14:07 ]

6日レンヌ戦で、イブラヒモビッチの得点をアシストしたベッカム

欧州CL準々決勝第2戦 パリSG―バルセロナ

(4月10日 バルセロナ)
 フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのカルロ・アンチェロッティ監督(53)は、10日バルセロナ(スペイン)との欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦で、元イングランドMFデビッド・ベッカム(37)が先発出場することを明言した。

 同監督は2日にホームで行われた第1戦で、ベッカムをボランチで起用。セットプレーやロングパスでチャンスをつくり、2度追いついて引き分けに持ち込んだ試合に出場した。

 パリSGが準決勝に進出するためには、第2戦で勝利するか、3点以上を取っての引き分けが必要となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年4月8日のニュース