遠藤 オマーン戦は抜糸せずに出陣濃厚「影響はない」

[ 2012年11月12日 07:33 ]

ウォーミングアップをする遠藤(右は前田)

W杯アジア最終予選B組 日本―オマーン

(11月14日 マスカット)
 7日の柏戦で下顎を9針縫うケガを負った日本代表の司令塔・遠藤が、抜糸をしないままオマーン戦に臨むことが濃厚となった。

 普段の生活で不便はなくなっているが「この遠征では(抜糸は)しないと思う」と明かした。

 ヘディングも問題なくできるようで「影響はない。まずはコンディションをしっかりと整えて、アウェーで勝ち点3を取りたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年11月12日のニュース