マンC 選手が殴り合いのけんか!?

[ 2012年4月10日 12:00 ]

<アーセナル1―0マンチェスターC>競り合うマンチェスターCのMFミルナー(左)とアーセナルのMFアルテタ

プレミアリーグ第32節 マンチェスターC0―1アーセナル

(4月8日 ロンドン)
 マンチェスターCは、首位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差が残り6試合で8に広がり、44季ぶりのリーグ優勝に赤信号が灯った。

 今季は昨年10月からトップを快走した。だが、最近5試合は1勝2敗2分けと振るわず、2位に転落。

 イングランド代表MFミルナーは「最近は本来の力を発揮することができなくなってしまった」と嘆いた。

 試合後は選手同士が控室で殴り合いのけんかをしたとのうわさが流れ、広報担当者が否定に追われる事態もあった。

 30日にはホームでマンチェスターUとの“マンチェスター・ダービー”をむかえるが、宿敵の優勝を見届ける一戦になる可能性も出てきた。

 「優勝は難しくなったと思うが、可能性がある限りは勝ち続けるしかない」と話すマンチーニ監督の表情には、諦めの雰囲気だけが漂った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月10日のニュース