原技術委員長 OA起用に慎重「W杯予選もあるので」

[ 2012年4月10日 06:00 ]

 日本協会の原博実技術委員長が8日、五輪本大会で24歳以上の選手を3人まで選出できるオーバーエージ(OA)枠の起用について慎重な構えを示した。

 シャルケ―ハノーバー戦を視察後に「OAを使わないといけないわけではない。6月にはA代表のW杯予選も3試合あるので難しい部分もある」と言及。08年北京五輪ではOA枠を使えずに1次リーグ敗退したが、その悔しさをバネに本田、長友、岡崎らが成長しただけにOA起用を見送るメリットもある。関塚監督は「(OAは)自分の範ちゅうを超えた決断。その中でベストを尽くす」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月10日のニュース