練習前に被災地へ…山村「五輪で頑張る姿を」

[ 2012年4月10日 19:38 ]

 選手たちは練習前に被災地へ足を運んだ。DF山村(鹿島)は「1年がたっても、まだすごい傷痕があった。自分たちの競技だけでなく、五輪で日本が頑張る姿を見せることで、少しでも勇気を与えられるのかなと思う」と神妙に話した。

 GK権田(FC東京)は「これまでテレビでしか見たことがなかったが、みんなで行けてよかった。仮設住宅に住んでいる人に、『五輪で頑張ってください。それが私たちの力になる』と言われた」と、本大会での活躍を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月10日のニュース