プロサッカー選手会 引退後のセカンドキャリアを支援へ

[ 2012年3月22日 06:00 ]

 日本プロサッカー選手会は21日、現役引退後のセカンドキャリア支援のため、来店型保険販売店を展開する「ライフプラザホールディングス」とプログラムの創設を発表。

 同社では毎年、数十人の引退選手を雇用していく方針。藤田俊哉会長は「サッカー界にとって重要な環境づくりにつながる」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月22日のニュース