鄭大世 ケルン練習に初参加「1部でもやれる」

[ 2012年2月1日 06:00 ]

ケルン移籍後の初練習を終え、取材に応じる北朝鮮代表の鄭大世

 ドイツ2部ボーフムから同1部ケルンに移籍した北朝鮮代表FW鄭大世(27、写真)が31日、チーム練習に初めて参加した。

 氷点下2度の寒さの中、ミニゲームなどで約1時間40分、新たな同僚とともに汗を流し「面白かった」と感想を話した。地元紙によると、移籍金は推定約40万ユーロ(約4000万円)で、契約期間は未定。背番号は9に決まった。30日に行われた入団会見では「1部でやれるところを見せたい。先発できるように頑張る」とドイツ語で抱負を語った。ケルンは14位に低迷しており、左足負傷で全治3~4週間と診断されたドイツ代表FWポドルスキの穴を埋める働きが求められることになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年2月1日のニュース