遠藤不在響く…G大阪・西野監督「攻めの形が…」

[ 2011年10月10日 06:00 ]

<ナビスコ杯準決勝 浦和・G大阪>険しい表情で試合をみつめる西野監督

ナビスコ杯・準決勝 ガンバ大阪1―2浦和

(10月9日 埼玉)
 G大阪は、大黒柱・MF遠藤不在の中盤が機能せず敗退した。リーグ戦11得点を挙げているFW李根鎬(イグノ)らを欠いた攻撃陣も空回りでロスタイムに大塚が得点したものの時既に遅し。

 西野監督も「攻めの形が…単調な攻めで自分たちのサッカーができなかった。中盤の距離感が悪かったし、ラフィーニャにもボールが収まらなかった」とショックを隠しきれなかった。ACLに続き、ナビスコ杯も敗退。シーズン前に掲げた4冠のうち2つを失った。12日に天皇杯2回戦、15日にはリーグ戦最大のヤマ場である名古屋戦を控えるが、チーム状況は深刻だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年10月10日のニュース