李根鎬 誕生日の通訳に贈るゴール

[ 2011年9月10日 23:13 ]

J1 G大阪2-0大宮

(9月10日 万博)
 G大阪のFW李根鎬が前半43分に先制ゴールを奪った。韓国代表にも復帰した今季は開幕から好調を維持し、2年ぶりの2桁得点をマーク。「自分自身タイトルを獲得したことがないけど、今回は最大のチャンスと思ってる」と優勝に向けた手応えを口にした。

 この日は巴山通訳の24歳の誕生日とあって、得点後はベンチに駆け寄って「おめでとう」と祝福した。もう一人の韓国選手の金承龍も2点目をアシストと活躍。巴山通訳は「試合中に泣きそうになった」と喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月10日のニュース