磐田、鹿島にまた勝てず15戦連続白星なし

[ 2010年7月24日 22:12 ]

 【磐田2―3鹿島】磐田は苦手鹿島にまた勝てなかった。リーグ戦での鹿島戦の勝利は2002年9月が最後で、これで15戦連続白星なしとなった。

 この日は前半に2点を先行する絶好の滑り出しだったが、後半だけでまさかの3失点を喫して逆転負け。柳下監督は「相手のプレスがきつく、ボールを保持する時間が少なかった。徐々に疲労がたまった」と敗因を挙げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2010年7月24日のニュース