×

本田魂背負う!小笠原念願の背番6

[ 2008年3月5日 06:00 ]

ACL限定で背番号6を付けることになった鹿島・小笠原

 鹿島のMF小笠原満男(28)が、12日に開幕するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で背番号6を付けてプレーする。リーグをはじめとする国内の大会は昨季同様、40番を付けてプレーするが、ACLの登録番号は30番までと決められている。そのため、元日本代表MF本田泰人氏(38)が引退した一昨季から欠番となっていた、栄光の6番を付けることになった。

 念願でもあった。昨季途中にメッシーナから復帰。「誰も付けたことのない番号」と40を選択したが、実は今オフに6番への変更をクラブに直訴。「ふさわしい選手が現れるまでは」と語っていた本田氏も「満男(小笠原)なら」と譲渡を了承していたが、諸事情により実現しなかった。

 小笠原は「気持ちが違います。背中に本田さんがいますから。似合うかどうかは、試合後に本田さんに判断してもらいたい」。12日のACL初戦、クルンタイ銀行戦のキックオフ時間が午後3時半(現地時間)に決定。35度以上の暑さが予想されるが、今季主将にも就任した男が“本田魂”を注入してチームを引っ張る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2008年3月5日のニュース