×

川淵キャプテン「家本主審にも問題」

[ 2008年3月5日 06:00 ]

 川淵キャプテンが1日のゼロックス杯で警告を乱発した家本政明主審に苦言を呈した。「選手が悪いというのもあるが、イエローカードを出しても(次に)そういうプレーをさせない配慮も必要。出せば出すほど(選手からの)信頼感を失う。問題があったと言わざるを得ない」。この問題について、松崎康弘審判委員長と協議した。

 Jリーグにはこの日、PK戦のやり直しなどについて異議を唱える鹿島からの意見書が届いた。日本サッカー協会審判委員会のJリーグ対応セクションが審議し、今週中に返答する。鬼武チェアマンは同セクションからの報告について「十分には受けていない。もう少し整理してからということだった」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2008年3月5日のニュース