×

俊輔敗退 ACミランも消える

[ 2008年3月5日 09:39 ]

欧州CL決勝トーナメントのバルセロナ戦で、後半、FKから直接ゴールを狙うセルティックの中村

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は4日、バルセロナなどで決勝トーナメント1回戦第2戦の4試合を行い、MF中村俊輔の所属するセルティック(スコットランド)は2季ぶりの優勝を狙うバルセロナ(スペイン)に0―1で敗れ、2試合合計2―4で敗退が決まった。中村はトップ下でフル出場し、終盤に右から惜しいミドルシュートを放った。

 昨季覇者のACミラン(イタリア)はアーセナル(イングランド)に0―2で敗れ、合計0―2で敗退。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はリヨン(フランス)に1―0で競り勝って合計2―1とし、準々決勝に進出した。
 ジーコ元日本代表監督の率いるフェネルバフチェ(トルコ)はセビリア(スペイン)と合計5―5となった末のPK戦を制して勝ち進んだ。

 ▼中村俊輔の話 敗退は残念だけど、サッカーを純粋に楽しめた。久々の真ん中(トップ下)は、ある程度自分の感覚でできた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2008年3月5日のニュース