×

中沢は開幕微妙…右足首ひねった

[ 2008年3月5日 06:00 ]

 横浜の日本代表DF中沢佑二(30)のリーグ開幕戦(8日、浦和戦)出場が微妙になった。右足首痛で4日の練習を欠席し、室内で別メニュー調整。右足首をひねった3日は練習を続行したものの、一夜明けたこの日も痛みが引かなかったため全体練習参加を取りやめた。患部には腫れが残っており「(開幕戦出場は)あす(5日)になってみないと分からない」と厳しい表情を浮かべた。

 チームは5日から浦和戦に向けた本格的な戦術練習を開始予定。本来はDFの松田をボランチで起用する布陣が有力視されていたが、中沢が開幕戦に間に合わなければ白紙となる可能性が高い。桑原監督は「あそこ(中沢の入る3バックの中央)のポジションはリーダーシップが必要だし、できる選手も限られる」と頭を抱えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2008年3月5日のニュース