日本ダービー3着シンエンペラー、凱旋門賞1番人気タイに浮上 英ブックメーカーがオッズ修正

[ 2024年5月27日 15:36 ]

シンエンペラー
Photo By スポニチ

 26日にあった日本ダービー(東京芝2400メートル)やアイルランドG1のタタソールズゴールドカップ(カラ芝2100メートル)などの結果を受けて欧州の大手ブックメーカーが凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン芝2400メートル)のオッズを修正した。

 日本ダービー発走前に各社30~50倍に設定していたシンエンペラー(牡3=矢作、父シユーニ)は3着と上位争いに加わり、英ウィリアムヒル社は17倍に上方修正。英ダービー(6月1日、エプソム芝2410メートル)の有力候補シティオブトロイ(牡3=愛A・オブライエン)と並んで1番人気タイとなっている。

 日本ダービーのレース後、矢作師は「オーナーと相談してからだけど凱旋門賞に行こうと思います」と遠征の意向を示し、藤田晋オーナーも自身のX(旧ツイッター)を更新して矢作師の言葉を伝える記事を引用した上で「もちろん行きますよ」と明言した。

 ウィリアムヒル社は日本ダービー5着レガレイラ(牝3=木村、父スワーヴリチャード)も26倍に上方修正。同じく凱旋門賞に登録済みのドウデュース(牡5=友道、父ハーツクライ)は21倍で3番人気タイに設定されている。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「北九州記念」特集記事

2024年5月27日のニュース