【安田記念】ナミュール90点 本領発揮で秋春マイルG1制覇へ!

[ 2024年5月27日 05:00 ]

安田記念出走馬採点表
Photo By スポニチ

 過去10年の結果から勝ち馬を導き出す「G1データ王」は5項目、各20点満点のポイント制で勝ち馬に迫る。今春の当コーナーは本命馬が大阪杯から桜花賞、皐月賞、天皇賞・春と4連勝。絶好調のデータ班が「第74回安田記念」を徹底分析。今週も荒れるのか。1番人気が8連敗中の難解な一戦で最高得点をマークしたのは、あの実力牝馬だ。

 【性齢】
 牝馬が6年連続で連対中。過去10年は【3・4・1・12】の成績で、連対率35%は牡・セン馬の9・3%を圧倒。馬券に絡んだ牝馬は全てノーザンファーム生産馬で今年は該当するナミュールが20点満点。もう1頭の牝馬フィアスプライドは15点。年齢別で見ると4歳は8連対、5歳が7連対と2世代がリードしている。牡・セン馬は4&5歳を15点に、6歳以上は10点に割り引く。

 【所属】
 地元の関東馬が4連勝中で21&22年は1~3着の馬券圏内を独占した。過去10年では【6・7・5・40】の成績、連対率22・4%は関西馬の7・2%を大きく上回っており、関東馬を20点、関西馬は15点。今年は18年ウエスタンエクスプレス10着以来となる外国馬が2頭参戦。ただ08年2着アルマダ以降、外国馬は馬券に絡んでおらず、勝利となれば06年のブリッシュラックが最後。外国馬は10点とする。

 【前走】
 近年は敷居の高いG1になった。過去5年の前走クラス別成績はG1組(海外含む)が【4・5・3・27】と圧倒し、馬券に絡んだ12頭は同じ左回りの芝G1だった。該当馬を20点とし、それ以外のG1組とG2組を15点。G3組は【0・0・0・7】と苦戦しており10点とする。

 【リピーター】
 前年で馬券に絡んだ馬の活躍が目立つ。シュネルマイスターは21年3着→22年2着→23年3着と3年連続で好走し、ほかに7頭が2年連続で馬券圏内を確保。昨年2着だったセリフォスが20点満点。また17年サトノアラジン、21年ダノンキングリーの勝ち馬はそれぞれ前年4着、7着から巻き返した。昨年、出走して4着以下だった6頭が15点。

 【持ち時計】
 17年以降勝ち時計は1分30秒台が1回、1分31秒台は5回。時計勝負への対応が求められる。近7回の勝ち馬のうち4頭は1分31秒台の持ち時計があり該当馬は20点。残る3頭のうち2頭は1400メートル戦で1分19秒台、1頭は1800メートル戦で1分44秒台の持ち時計があった。マイルの持ち時計がなくてもこれらをクリアする馬を15点にする。

 【結論】
 ノーザンファーム生産の牝馬ナミュールが90点で一歩リード。東京芝マイルG1は3戦して7、16、8着に敗れているが、当舞台で行われた昨秋の富士Sは1分31秒4の好タイムでV。マイルの持ち時計もメンバー最速だ。昨年のマイルCS覇者が巻き返す。(データ班)

続きを表示

この記事のフォト

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月27日のニュース