【蒲郡ボート 愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走 3日目】12Rは妹尾忠幸 ターン堅実

[ 2024年5月27日 04:30 ]

妹尾忠幸
Photo By スポニチ

 ボートレース蒲郡の「愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走」は3日目を迎える。注目は12Rだ。

 ターン堅実な妹尾が好枠で主軸に推す。内から正確に先マイを果たして1Mを先取りする。間嶋に警戒が必要。首位争いに加わる。宗行は調整が鍵を握る。軌道修正を図って機敏に攻めるか。沢は差しに集中してどこまで。

 (1)妹尾忠幸 競った感じは大したことなかった。中堅あるかないかの雰囲気。上積みを目指して調整。

 (2)沢大介 展開は向いたが、足の差を感じた。変わらず良くないですね。

 (3)森悠稀 ピット離れから何もかも合ってない。乗り心地は全然合ってない。

 (4)間嶋仁志 足は悪くないが乗り心地や体感が良くない。

 (5)宗行治哉 全然合っていない。乗り心地が来ていない。若干下がる。足を良くすると乗りにくくなるし調整が難しい。

 (6)小川日紀太 行き足は悪くないけど、その先の加速が止まっている。乗り心地、ターン回りが良くない。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年5月27日のニュース