【京都10R・安土城S】エイシンスポッター ズバッと差して快勝!角田河「スムーズな競馬ができました」

[ 2024年5月27日 04:25 ]

角田河とのコンビで安土城Sを制したエイシンスポッター
Photo By スポニチ

 トップハンデ57.5キロをはね返した。後方で脚をためた6番人気エイシンスポッター(牡5=吉村、父エイシンヒカリ)がメンバー最速の上がり3F32秒5の末脚でズバッと差し切った。

 16戦連続コンビの角田河は「2週続けて追い切りに乗せてもらって調子の良さを感じていたので自信を持って乗りました。2着馬を見ながらスムーズな競馬ができました」と昨春の鞍馬S以来のオープン2勝目に笑顔。吉村師は「思った通りスローペースで抱えて運べていたので伸びてくるだろうなと思っていました」とイメージ通りの走りに満足げだった。次走は未定。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年5月27日のニュース