シルヴァーソニック けいじん帯炎発症で引退…今後は社台ファームで乗馬となる予定

[ 2024年5月27日 04:55 ]

22年スポニチ賞ステイヤーズステークスを制したシルヴァーソニック
Photo By スポニチ

 22年スポニチ賞ステイヤーズS、23年レッドシーターフハンデキャップ(サウジアラビアG3)を制したシルヴァーソニック(牡8=池江、父オルフェーヴル)は繋靱(けいじん)帯炎を発症していることが判明し引退することが決まった。

 社台レースホースが発表。通算24戦6勝。天皇賞・春16着がラストランとなった。今後は社台ファームで乗馬となる予定。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年5月27日のニュース