メイショウタバル 左後挫石で出走取り消し 3年ぶりに17頭立て

[ 2024年5月25日 05:20 ]

メイショウタバル
Photo By 提供写真

 26日の東京11R・日本ダービーに出走予定だったメイショウタバルが24日、左後挫石で出走取り消しとなった。JRAが発表した。

 石橋師は「ギリギリまで待ったけど厳しいかな、と。残念、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と沈痛な面持ち。石橋師自身は騎手時代の06年にメイショウサムソンでダービー制覇。調教師としてのダービー初参戦はかなわなかったが「まだ先が長い馬ですから」と前を向いた。ダービーはダノンザキッドが骨折で回避した21年以来、3年ぶりに17頭立てで行われる。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年5月25日のニュース