【浦和11R・ユングフラウ賞】スティールマジック重賞初Vだ!

[ 2024年2月21日 05:00 ]

鋭い決め手を武器に重賞初制覇を狙うスティールマジック
Photo By スポニチ

 1~3着馬にS1桜花賞(3月27日、浦和1500メートル)の優先出走権が与えられる一戦。(6)スティールマジックを主役に指名する。前々走・エーデルワイス賞は僅差の2着。レベルの高いダートグレードで好走し、完成度の高さを見せつけた。その後、南関へ移籍。前走は直線で一頭、別次元の末脚を繰り出して3馬身差の圧勝劇を演じた。初めての左回りを難なく克服しており、浦和コースにもしっかり対応できるはず。門別1500メートルで勝ち星があり、1Fの距離延長も問題ない。ゴール前、豪快に突き抜けて重賞初制覇を飾る。

 プリンセスアリーがコース経験の利を生かして逆転を狙う。スピード豊富なイマヲトキメクも上位可能。

 ▼ミチノアンジュ(福田師)前走後も落ち着いているし、いい状態に持ってこられた。調教では左回りも問題ないし、いい競馬をしてほしい。

 ▼イマヲトキメク(張田師)いい感じの状態。自分のペースで競馬ができるから楽しみ。

 ▼スピニングガール(森下師)トモに筋肉がついて馬体が凄く良くなってきた。浦和の砂は合いそうだし、左回りも2度目で期待している。

 ▼プリンセスアリー(岡田師)じっくり乗り込んで一連の出来をキープしている。前走は番手から伸びたし、大丈夫だと思う。相手は強いが頑張ってほしい。

 ▼スティールマジック(張田師)前走を使ってグンと状態は上がっている。経験のある馬だし、いい結果を出したい。

 ▼モノノフブラック(野口寛師)前走は4コーナーで外に振られる不利があって、もったいなかった。その後は放牧に出して、いい感じで帰ってきた。今回は地元だし追い切りをしっかりやって動きは良かった。一頭になるとフワッとするので今回からブリンカーを着用。期待を持って臨む。

 ▼アニモ(岡田師)カイ食いが落ちた時もあったが、今は戻っている。乗り込んではいるが、ここは相手が強いのでどうか。

 ▼ミモレフレイバー(福永師)前走後は放牧に出したが、きっちり仕上がった。今回はコースを含め初物尽くしだが、センスでこなしてくれれば。

 ▼ファーマティアーズ(須田師)カイバ食いもしっかりしているので順調に乗り込めた。相手が強いのでどこまでやってくれるか。

 浦和競馬のスポニチ予想がコンビニ各社のプリントサービスで1枚200円で販売中(各開催日午前7時~午後9時)。鉄板レースや指数などの情報も。

 詳しくはhttps://www.e-printservice.net/content_detail/spopriへ。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年2月21日のニュース