【中山記念】マテンロウスカイ 機動力を生かす、松永幹師「体がしっかりしてきた」

[ 2024年2月21日 05:18 ]

 マテンロウスカイが東京新聞杯5着からここへ。火曜は坂路に乗り出し元気いっぱい。芝1600メートルの【1・1・0・1】に対し、芝1800メートルは【2・2・2・1】で距離延長はプラス。松永幹師は「前走は伸び切れなかったが堅実に走っている。(22年セントライト記念13着後の)去勢効果でトモ(後肢)の感じとか、体がしっかりしてきた。距離はいいし、コースも問題ない」と力強い。中山向きの機動力だ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年2月21日のニュース