【次走】ペプチドナイルはかしわ記念を視野

[ 2024年2月21日 05:01 ]

 フェブラリーS1着ペプチドナイル(牡6=武英)はかしわ記念(5月1日、船橋)を視野。

 ダイモヤンドS1着テーオーロイヤル(牡6=岡田)は菱田とコンビ継続で阪神大賞典(3月17日)へ。

 京都記念9着マテンロウレオ(牡5=昆)は予備登録したオーストラリアのクイーンエリザベスS(4月13日、ランドウィック)には向かわず大阪杯(3月31日、阪神)へ。

 京都牝馬S6着ロータスランド(牝7=辻野)は高松宮記念(3月24日、中京)が目標。

 同14着ボンボヤージ(牝7=梅田)はオーシャンS(3月2日、中山)へ。

 北九州短距離S1着ヨシノイースター(牡6=中尾)、シルクロードS16着オタルエバー(牡5=中竹)、スポニチ賞京都金杯16着マテンロウオリオン(牡5=昆)もオーシャンS参戦予定。

 令月S1着クロジシジョー(牡5=岡田)は千葉S(3月17日、中山)から東京スプリント(4月10日、大井)へ。

 橿原S1着ドンアミティエ(牡4=今野)も千葉S。

 【3歳次走】
 雲取賞1着ブルーサン(牡=川村)は京浜盃(3月20日、大井)から羽田盃(4月24日、大井)へ。

 ホープフルS14着センチュリボンド(牡=庄野)も京浜盃に登録。

 朝日杯FS10着シュトラウス(牡=武井)はファルコンS(3月16日、中京)へ。キャロットファームが発表。

 エルフィンS2着スウィープフィート(牝=庄野)は武豊との新コンビでチューリップ賞(3月2日、阪神)へ。

 あすなろ賞1着サトノシュトラーセ(牡=友道)は毎日杯(3月23日、阪神)へ。

 京成杯4着ハヤテノフクノスケ(牡=中村)はゆきやなぎ賞(3月9日、阪神)へ。

 阪神新馬勝ちトップオブザロック(牡=石坂)はアーリントンC(4月13日、阪神)へ。

 シンザン記念9着ケーブパール(牝=友道)はアルメリア賞(3月3日、阪神)へ。

 フリージア賞2着アドマイヤベル(牝=加藤征)はフローラS(4月21日、東京)へ。

 春菜賞3着キャンシーエンゼル(牝=鈴木孝)はフィリーズレビュー(3月10日、阪神)へ。

 つばき賞4着ラビットアイ(牝=鈴木孝)はフラワーC(3月16日、中山)へ。

 ヒヤシンスS8着ホルトバージ(牡=寺島)は今村と再コンビで阪神1勝クラス(3月2日、ダート1800メートル)へ。

 【ドバイ見送り】
 14日の雲取賞4着後、UAEダービー(3月30日、メイダン)の招待を受諾したイーグルノワール(牡3=音無)は態勢が整わないため、遠征を見送る。20日、社台レースホースが発表した。前走後、乗り込みを再開したが歩様に硬さがあり、動きが精彩を欠いている、と説明。リフレッシュを図り、この日、宮城県の山元トレセンに移動した。

 【豪G1登録】
 JRAは20日、オーストラリアのクイーンエリザベスS(G1、4月13日、ランドウィック芝2000メートル)に予備登録したJRA所属8頭を発表した。同レースは農林水産大臣が指定する32競走に含まれ、JRAの馬券発売が可能。イルーシヴパンサー(牡6=久保田)、エルトンバローズ(牡4=杉山晴)、ガイアフォース(牡5=杉山晴)、ハーツコンチェルト(牡4=武井)、プログノーシス(牡6=中内田)、ベラジオオペラ(牡4=上村)、マスクトディーヴァ(牝4=辻野)、マテンロウレオ(牡5=昆)が予備登録している。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年2月21日のニュース