【阪急杯】メイショウチタン 芝で反撃ムード、本田師「自分の形で競馬ができれば」

[ 2024年2月21日 05:23 ]

 メイショウチタンが芝に戻って反撃を誓う。阪神芝1400メートルはメンバー上位の持ち時計(1分19秒8)がある舞台。火曜朝は坂路を流し、最終追いに備えた。本田師は「もうダートには使わない。開幕週の荒れていない馬場はこの馬にいい。芝に戻って、もまれず自分の形で競馬ができれば」と期待する。厩舎は違うが半妹に昨年ファンタジーSを制したカルチャーデイ。7歳を迎えた兄も奮起の24年始動戦になる。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年2月21日のニュース