ウシュバテソーロ 今秋BCクラシック挑戦!秋初戦は日本テレビ盃から始動予定

[ 2023年4月20日 05:00 ]

ドバイワールドカップを制したウシュバテソーロ(AP)
Photo By AP

 3月のドバイワールドCを制したウシュバテソーロ(牡6=高木)が今秋、ダート最高峰の米国G1ブリーダーズCクラシック(11月4日、ダート2000メートル、サンタアニタパーク)に挑むことが決まった。候補に挙がっていた凱旋門賞(10月1日、パリロンシャン)は見送る。引き続き川田とコンビを組み、ダートで世界制覇に挑む。

 秋初戦は日本テレビ盃(9月27日、船橋)をステップに向かう予定。高木師は「週初めにオーナーと相談して決まりました。ぶっつけでいきなりブリーダーズCは厳しいので、国内で1度使って行きます。近い日程にある白山大賞典(9月26日、金沢)はコーナー6回のコース形態、ハンデ戦のシリウスS(同30日、阪神)だと何キロになるか分からない。その点、58キロで出走できる日本テレビ盃はいいと思います。船橋は直線もそこそこあるので」と説明した。現在は美浦トレセン近郊のチェスナットファーム(阿見町)で放牧中。夏場は静養に努める。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2023年4月20日のニュース