【フローラS】ブライトジュエリー 仕上がりに納得、鮫島駿「牝馬同士ならやれていい」

[ 2023年4月20日 05:28 ]

 ブライトジュエリーは坂路でガーランドスタイル(3歳未勝利)との併せ馬。頭差遅れる格好になったが、楽な手応えで4F51秒9~1F12秒1の時計を刻んだ。感触を確かめた鮫島駿は「動きは良かったですね。やればどれだけでも動く感じ」と感心する。先週CWコースで叩き出した6F78秒6の1番時計が高性能を物語る。鞍上は「デビュー戦が圧巻の走り。2戦目で重賞になりますが、牝馬同士ならやれていい」と目を輝かせた。

続きを表示

「金鯱賞」特集記事

「フィリーズレビュー」特集記事

2023年4月20日のニュース