【天皇賞・春1週前追い】追ってひと言

[ 2023年4月20日 05:10 ]

 ▼アイアンバローズ(上村師)癖の強い馬なので今朝はジョッキー(坂井)に感触を確かめてもらった。体は増えているが、状態はいいですよ。

 ▼サンレイポケット(高橋義)ジョッキー(M・デムーロ)の感触が良かった。3200メートルに延びて、道中は息を入れやすくなりそう。相手は強いが、チャンスはあると思う。

 ▼シルヴァーソニック(池江師)動きは良かった。牧場でしっかり乗り込んでくれて海外帰りを感じさせない。

 ▼ディアスティマ(高野師)予定より時計は遅くなったが、リズム重視の追い切りでした。状態は良く(出来は)上向いています。

 ▼ディープモンスター(池江師)在厩でいい状態。以前に比べて折り合いはマシになっているが、そこが鍵になると思います。

 ▼トーセンカンビーナ(加藤征師)1度使ったことで中身はできている。下り坂がある京都は好き。あそこでスピードに乗れるからね。時計が速くなるのは厳しい。

 ▼ヒュミドール(小手川師)元から心臓は強かったが、前走で長距離適性を示してくれた。ズブさが出てきたのも、いい方に向いたのかも。いい感じで放牧から帰って順調に来ている。

 ▼ブレークアップ(吉岡師)坂路で4F55~56秒台と予定通り。操縦性が良く、リラックスして走れていた。距離延長にも対応できると思います。

 ▼ボルドグフーシュ(宮本師)時計が良かったし、しっかりと動けていた。馬自身がどんどん良くなっています。ロングスパートで持久力を生かせる展開になれば。

 ▼マテンロウレオ(昆助手)前走後も大きなダメージはなく、今朝もいい動きでした。距離はやってみないと分からないが、立ち回りのうまさを生かすことができれば。

 ▼メロディーレーン(森田師)馬なりで予定通りの調整。冬毛が残っているし、大きく変わった感じはしないですね。

続きを表示

「金鯱賞」特集記事

「フィリーズレビュー」特集記事

2023年4月20日のニュース