×

【芦屋・G1全日本王座決定戦】毒島 13度目のG1制覇!1M冷静に展開を突いて2Mを先取り

[ 2022年1月27日 05:30 ]

優勝カップをしっかりと抱える毒島誠
Photo By スポニチ

 ボートレース芦屋開設69周年記念G1「全日本王座決定戦」の優勝戦が26日、12Rで行われ、毒島誠(38=群馬)が1M冷静に展開を突いて2Mを先取り。迫る福来剛を2周ホーム抑えてVを飾った。G1は昨年11月の三国68周年完全V以来13回目のV。なお、芦屋周年では売り上げ最高額を更新した。

 進入は穏やかにスタート展示と同じく枠なり3対3だったが、2号艇の羽野直也以外はタイミング的に遅めのスタートで並ぶ形に。のぞいた羽野は地元周年初制覇へ迷わず握って出るがイン馬場貴也が抵抗を試みて1M両者流れた。空いた懐を毒島が逃さず差して、福来が毒島の上を突いた。2Mは内有利に毒島が先取ったが福来が差し込んで肉薄する。それでも毒島がホームで福来を抑え込んで2周1Mは毒島が先に回り大勢は決した。

 レース後、毒島は「いいレースができればと思ってましたがビックリしてます。優勝を確信したのは3周2M。それくらい必死でした」と留飲を下げていた。

 「この後1カ月のF休みです。だいぶ賞金を上積み(優勝賞金1000万円)できたのは大きい」と今年も先(グランプリ初制覇)をしっかり見据えている様子。リフレッシュ後の北関東の雄から目が離せない。

 《次走》優勝した毒島誠は2月28日からの若松一般戦で平田忠則、中田元泰らと対戦する。馬場貴也は2月5日からの戸田一般戦に出場し、前本泰和、丸野一樹らと対決する。羽野直也と篠崎仁志は2月6日からの福岡G1九州地区選手権に出場し、瓜生正義、西山貴浩、小野生奈らが相手。福来剛は2月7日からの桐生G1関東地区選手権で浜野谷憲吾、桐生順平らと激突する。白井英治は2月1日からの徳山一般戦で香川素子、藤岡俊介らと覇権を争う。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月27日のニュース