×

【次走】ソリストサンダーは根岸SからフェブラリーS

[ 2022年1月3日 05:30 ]

 武蔵野S1着ソリストサンダー(牡7=高柳大)は根岸S(30日、東京)からフェブラリーS(2月20日、東京)。

 兵庫GT1着テイエムサウスダン(牡5=飯田雄)は根岸Sへ。

 ベテルギウスS2着ショウナンナデシコ(牝5=須貝)はTCK女王盃(26日、大井)を目標に。

 菊花賞13着レッドジェネシス(牡4=友道)は藤岡康で京都記念(2月13日、阪神)へ。

 グレイトフルS1着ヴェローチェオロ(牡4=須貝)は戸崎でダイヤモンドS(2月19日、東京)。

 京阪杯5着シゲルピンクルビー(牝4=渡辺)は京都牝馬S(2月19日、阪神)。

 逆瀬川S1着スーパーフェザー(セン7=渡辺)は小倉大賞典(2月20日)。

 ディセンバーS10着ダブルシャープ(牡7=渡辺)は関門橋S(2月6日、小倉)。

 東京大賞典8着サンライズノヴァ(牡8=音無)はフェブラリーS。

 【3歳次走】

 ホープフルS2着ジャスティンパレス(牡=杉山晴)は「(皐月賞に)直行の可能性もあるし、馬の雰囲気を見て考えたい」と師。

 東スポ杯2歳S4着ダンテスヴュー(牡=友道)は引き続き川田できさらぎ賞(2月6日、中京)。

 アルテミスS8着ロムネヤ(牝=国枝)は菜の花賞(15日、中山)。

 未勝利勝ちウィズグレイス(牝=国枝)はセントポーリア賞(30日、東京)、葉牡丹賞7着レッドランメルト(牡=国枝)はゆりかもめ賞(2月6日、東京)かフリージア賞(2月19日、東京)。

 中京2歳S3着メイショウグラニー(牝=藤岡)は萌黄賞(22日、小倉)とかささぎ賞(2月5日、小倉)の両にらみ。

 阪神新馬勝ちペプチドアケボシ(牡=木原)は中京平場1勝クラス(22日、ダート1400メートル)。

 阪神未勝利勝ちペプチドヤマト(牡=武英)は中京平場1勝クラス(15日、ダート1200メートル)へ。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2022年1月3日のニュース