×

オートレース 来年4月から2回乗り可能 ナイターとミッドナイト同一に開催が可能に

[ 2021年12月1日 05:30 ]

 競輪とオートレースの統括団体JKAは11月30日、来年4月1日からのオートレースの基幹システム更改に伴う変更を発表。同じ選手が1日2レースに出場する「2回乗り」を実施するシステムを構築した。公営競技のボートレースでは2回乗りを実施している。現在のオートレースでは1日1選手1レース出場のみ。12R8車制だと、1シリーズに96人の選手が必要となるが、2回乗りによってシリーズ施行人数を減らせるなどのメリットがある。一方でオートレースのエンジン、タイヤ等はレースでの消耗が激しく安全性の確保などの懸念もある。いずれにしても2回乗りが実施されれば、大きな改革となる。ほかにナイターとミッドナイトの同一日開催が可能となる。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月1日のニュース