【ローズS】戦い終えて

[ 2021年9月20日 05:30 ]

 ▼4着ストゥーティ(吉田隼)リズム良く、我慢しながらのイメージ。もう少し(ハミが)抜ければ脚を使えると思う。小回りの方がいい。

 ▼5着タガノディアーナ(和田竜)外枠でゲートでモタれた。展開も向かず、権利を獲るために動いて、それなりに脚は使ったが…。 

 ▼6着オヌール(川田)返し馬では素晴らしい走り。それを競馬で使えなかったです。もう少し時間がかかれば、レースでもいい走りができると思います。

 ▼7着エンスージアズム(岩田望)プラン通り、しまいを生かす競馬。春より状態も安定。それが結果につながった。

 ▼8着アイコンテーラー(亀田)この馬のリズムで上がって行ったが、最後は切れ負けした。

 ▼9着プリュムドール(武豊)最後の進路で挟まれたのが痛かった。

 ▼10着スパークル(藤岡佑)内ラチ沿いを走りたかった。大きくバテてはいないけどジリジリ。距離的にはこのあたりまでかも。

 ▼11着クールキャット(ルメール)休み明けで少しエキサイト。スタートも良くなかった。坂を上がって馬が疲れた。次はいい結果を期待したい。

 ▼13着コーディアル(鮫島駿)最初のコーナーで外からのプレッシャーで馬がエキサイトしてしまった。

 ▼14着オパールムーン(横山典)馬は頑張っている。

 ▼15着メイショウオニユリ(池添)我慢して走ってくれたが結果が出せなかったのは距離かな。

 ▼16着レアシャンパーニュ(浜中)枠も外枠だったので、じっくり。メンバーが強かった。マイルか1800メートルぐらいが良さそう。

 ▼17着イリマ(幸)いい着順じゃなかったけど、伸びしろはありそう。これから良くなると思います。

 ▼18着オータムヒロイン(古川吉)馬場が渋ったままの方が良かった。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月20日のニュース