【ローズS】3着アールドヴィーヴル 末脚伸びるも届かず 松山「勝負どころで反応し切れなかった」

[ 2021年9月20日 05:30 ]

 1番人気アールドヴィーヴルは鞍上の派手なアクションに応え、懸命に末脚を繰り出すが3着。期待した切れ味には及ばなかった。松山は険しい表情。「勝ち馬の後ろにつけて、いいところでレースができたが、勝負どころで反応し切れなかった。それを思えば、よくあそこまで詰めてくれたと思う」と振り返る。春よりひと回り成長した馬体(プラス8キロ)は確認できたが、物足りなさを感じさせたのも事実。強豪が集う秋華賞は試練の舞台になる。 

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月20日のニュース