【宝塚記念】アリストテレス“牡馬劣勢”覆す!音無師納得4F53秒0~1F12秒5

[ 2021年6月24日 05:30 ]

坂路にて併せ馬で追い切るアリストテレス(右)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 アリストテレスを管理する音無師が「人気の牝馬3頭(クロノジェネシス、レイパパレ、カレンブーケドール)はやはり強いと思う」と宝塚記念の勢力図を口にする。なるほど牡馬劣勢のムードには違いない。

 しかし、幾多のG1馬を誕生させてきた名伯楽はアリストテレスの調教で緻密に事を進めてきたのも隠していない。テン乗りの武豊に先週まで2週続けて手綱を委ねたのは変化を感じてもらう目的だった。「案の定、ユタカちゃんは(先週の調教で)良くなっていると言っていた」と目を細めたように、その1週前追い切りで武豊も「息遣いが良くなっていた。攻め馬では動かないと聞いていたが体調がいいんでしょう」と手応えを深めていた。

 この日の最終追い切りは松若を背にして坂路へ。ラスト仕掛け気味の内容でアードラー(7歳オープン)とほぼ併入。4F53秒0~1F12秒5の時計で態勢を整えた。

 音無師はここ2走、阪神大賞典7着と天皇賞・春4着の敗戦を例に挙げて同馬のイメージをユーモラスに解説した。

 「菊花賞(2着)を走ったからステイヤーの思い込みがあったのかな?本当はステイヤーじゃないんだ。ボクもみんなもだまされたね」

 そう、終わってみれば宝塚記念の2200メートルがドンピシャ!そんな結果が待っているのかもしれない。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月24日のニュース