【宝塚記念】キセキ 坂路でサラッと単走、辻野師「どんな馬場でも力を出してくれると思います」

[ 2021年6月24日 05:30 ]

坂路にて単走で追い切るキセキ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 キセキは1週前に負荷をかけているので最終追いは坂路でサラッと。単走で4F53秒3~1F12秒3をマークした。辻野師は「中身は出来ているので確認程度。息遣いが乱れることもなかったし、うまくいったと思います」と好ムードをにじませた。このレースは一昨年、昨年と連続2着。舞台設定は申し分ない。ドボドボの馬場で菊花賞勝ち。雨馬場も十分こなす。「天気を気にすることもないし、どんな馬場でも力を出してくれると思います」。復権へ向け、気運は高まっている。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月24日のニュース