【宝塚記念】ミスマンマミーア しまいにも余力、岩田望「長くいい脚を使えそう」

[ 2021年6月24日 05:30 ]

岩田望騎手が乗り、CWコースを軽快に駆け抜けるミスマンマミーア
Photo By 提供写真

 牝馬のミスマンマミーアは、初コンビの岩田望を背にCWコース単走。ラストいっぱいに追われ、ダイナミックなフォームで駆け抜けた(時計は6F83秒1~1F12秒1)。鞍上は「体調は良さそうですね。しまいも余力がありましたし、長くいい脚を使えそう」と感触を口にする。G1挑戦は19年エリザベス女王杯(17着)以来となり、強敵もそろうが「しまいの脚を生かせれば面白いと思います」と一発を狙う。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月24日のニュース