【大宮】竹内 自力で久々の優勝&ビッグレース出場権のダブル獲りへ

[ 2021年6月9日 05:30 ]

 竹内が自力を貫き頂点を狙う。準決11R、前受けから突っ張り先行。長い直線を耐えて2着で決勝へ。「残れているし、悪くない。フレームを換えてみるかも。体も少し修正したい」とさらなる上積みを求めた。決勝は中部で谷口、坂口と3人勝ち上がったが別線に。「谷口君には優勝させてもらったこともあるが、わがまま言って別で自力。共同(通信社杯)の権利も懸かっているので悔いのないように」と気合十分。くしくも直近の優勝は谷口の番手だった昨年3月の京王閣。力勝負で久々のVとビッグの出場権ダブル獲りだ。

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年6月9日のニュース