【菊花賞】(5)サトノインプレッサ、落ち着きを重視 陣営も満足「1回使って良くなっています」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

 サトノインプレッサは坂路へ。広岡助手は「落ち着きがあって、いい雰囲気。1回使って良くなっていますよ」と満足顔。休み明けの毎日王冠はスタートの後手が響いた。「前走はパドックからイレ込んでいました。3000メートルなので無駄な体力を使わないようにしたい」と落ち着きを重視している。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月24日のニュース