【富士S】傾向と対策

[ 2020年10月24日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気【3・1・0・6】、2番人気【4・0・1・5】と圧倒的に上位人気が強い。6番人気以下の優勝はなく、苦戦傾向。

 ☆年齢 3歳【3・1・3・28】、4歳【5・4・2・15】、5歳【2・3・5・33】。4歳馬の連対率が35%でトップ。6歳馬は連対が2度あるが、7歳上は3着以内は一度もない。

 ☆脚質 逃げ【0・0・0・10】、先行【4・3・5・27】、差し【5・4・3・55】、追い込み【1・3・2・39】。先行馬が連対率18%でトップ。

 結論 ◎ラウダシオン ○ヴァンドギャルド ▲シーズンズギフト 

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月24日のニュース