【神戸新聞杯】マイラプソディ 夏越して「力強さ出てきた」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

 春3戦が物足りない内容だったマイラプソディが復活を期す。8月半ばに帰厩。坂路とCWコースを併用して乗り込み量は豊富だ。大江助手は「夏を越して腰の踏ん張りがしっかりした。力強さが出てきた」と成長をアピール。あとはレースに行っての気持ち次第。「チークピーシーズを着けた1週前追いが気持ちが入っていた。本番も着けるかもしれない」と語り、ダービーに続く着用を示唆した。2戦ぶりにコンビを組むのは武豊。10年ローズキングダム以来となる、このレース4勝目を狙う。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月22日のニュース