【オーバルスプリント】サクセスエナジーV 松山「しっかりと押し切ってくれたし強い内容」 

[ 2020年9月22日 17:21 ]

浦和のオーバルスプリントを勝ったサクセスエナジー
Photo By スポニチ

 中央交流重賞「第31回オーバルスプリント」(G3)が22日、浦和競馬場で行われ、3番人気サクセスエナジー(牡6=北出)が3番手から押し切った。重賞は昨年の黒船賞以来、4勝目となった。

 道中は縦長の展開。サクセスエナジーは逃げるノブワイルドの2馬身後ろでベストマッチョとともに追走。3角を過ぎたあたりで、はや先頭に立つ勢い。そのまま2着に2馬身差を付けて快勝した。このレース3連覇を狙ったノブワイルドは3着に終わった。

 鞍上の松山は「手応えもすごい良かったし、これならいけると思って動きました。しっかりと押し切ってくれたし、強い内容だったと思います」と振り返った。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月22日のニュース