【セントライト記念】フィリオアレグロ、重賞いきなり通用いける

[ 2020年9月18日 05:30 ]

フィリオアレグロ(右)はサリオスと併せて追い切る(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 青葉賞(3着)以来の出走となるフィリオアレグロは皐月賞、ダービー連続2着のサリオス(毎日王冠で始動)を相手に軽快な走りを見せた。楽走のサリオスの外から馬なりで2馬身先着。担当の森助手は「休み明けとしては仕上がった。体はもう少し増えてほしかったが、落ち着いているし、重賞でいきなり通用してもおかしくない能力を持っている」とコメントした。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年9月18日のニュース