【テイエムオペラオーC】マイネルステレール、中長距離に適性

[ 2020年9月18日 05:30 ]

 今週の中央競馬3日間開催最終日にあたる21日はファンに感謝の気持ちを伝える「JRAアニバーサリー」デー。中山、中京全レースの全投票法で払戻率を80%に引き上げる「スーパープレミアム」を実施。この日には関連競走として10年前、20年前の年度代表馬の名を冠した「2010メモリアル・ブエナビスタC」(中京10R)、「2000メモリアル・テイエムオペラオーC」(中山10R)が行われる。

 テイエムオペラオーカップで注目される血統はマイネルステレール(牡4=菊川)だ。父はテイエムオペラオーが鼻、首差の3着に惜敗した3歳時の有馬記念(99年)で優勝したグラスワンダー、母の父は同レース2着のスペシャルウィーク。菊川師は「血統通りに中・長距離適性が高い。中山の芝で全2勝を挙げているように得意なコース。休み明けでもここを目標に好仕上がりです」と好感触。「テイエムオペラオーといえば負けてもジョッキー(和田竜)を代えずに乗せ続けた逸話が有名。この馬の産駒を管理したこともあるし、いい競馬をさせたい」と語っていた。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年9月18日のニュース