【ローズS】セウラサーリ、好時計で不安一掃 西園師「いい状態で出せそうです」

[ 2020年9月18日 05:30 ]

坂路で単走で追い切るセウラサーリ
Photo By 提供写真

 秋華賞トライアル「第38回ローズS」(20日、中京)に出走するセウラサーリが唯一の木曜追い。水曜朝に右前蹄の内側を気にしたためにスライドされたが、最終追いで不安を一掃した。坂路単走ながら4F51秒4~ラスト1F12秒3の好時計を叩き出す気合の良さだ。西園師は「他の厩舎の馬と併せる形になって時計が速くなったけど無理してない。いい状態で出せそうです」と満足げ。「あとはジョッキー(池添)に任せるだけ。本番に向けていいレースができれば」と意気込んでいた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月18日のニュース