【セントライト記念】ヴァルコス軽快!地道に猛稽古で友道厩舎得意の9月に勝負

[ 2020年9月18日 05:30 ]

坂路で単走で追い切るヴァルコス
Photo By 提供写真

 菊花賞トライアル「第74回セントライト記念」(21日、中山)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。栗東ではヴァルコスが坂路で軽快な動きを披露。9月に好成績を残している友道厩舎の期待馬が重賞獲りを狙う。

 友道厩舎はとにかく9月に強い。昨年は【6・2・2・6】で勝率37%。連対率は5割。ユーキャンスマイルが新潟記念を勝ち、ビーチサンバがローズS2着でワールドプレミアが神戸新聞杯3着と馬券に絡んだ。今年もわずか2週で5勝。ガンガン勝ちまくっている。

 そんな好調ステーブルがセントライト記念に送り出すのがヴァルコスだ。最終追いは坂路単走で4F55秒0~12秒7。時計自体は平凡だったが、友道師は意に介していない。

 「調教で目立つ動きをする馬じゃないですからね。坂路でしまいだけやりました。太め感もないし、秋初戦としてはいいんじゃないかな」

 先月16日に坂路で帰厩後の初時計を出し、CWコースを併用して攻めを積んでいる。大江助手は入念な乗り込みについて説明した。

 「体や調子の変化が出るのに時間がかかるタイプ。夏場でもあるし、急に攻めるわけにもいかないですからね。重さもなく、軽快さもあります」

 鞍上の三浦は青葉賞、日本ダービーに続き3連続でコンビを組む。先週のセントウルSをダノンスマッシュで鮮やかに制した。

 「ヨーイドンの展開になる傾向にある神戸新聞杯より、中山の方が展開的にも合う感じがします。パワーのいる馬場になっても大丈夫です」

 週末は雨の予報が出ている。父は欧州ハダのノヴェリスト。少し力のいる馬場もこなすだろう。先週は期待の3歳馬アドマイヤビルゴがオープン入り。今週はヴァルコスがおいしい果実をつける。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月18日のニュース