デアリングタクト 3冠へ初時計4F59秒0 秋華賞に向け“上々発進”

[ 2020年9月14日 05:30 ]

 無敗の2冠牝馬デアリングタクト(牝3=杉山晴)が13日、放牧から帰厩後の初時計を出した。坂路で4F59秒0~1F13秒4をマーク。杉山晴師は「60秒を切るくらいの感じ。乗り手のイメージよりも良かったと聞いています」と報告した。トライアルには使わず、史上初の無敗牝馬3冠がかかる秋華賞(10月18日、京都)に直行。「とにかく無事に終わったことが良かった。このままピッチを上げていければ」と先を見据えた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月14日のニュース